カタログギフトの中の人気商品

お中元、お歳暮にも今人気のカタログギフトはいかがでしょうか。

あなたはお中元・お歳暮でどんなものを贈られるといちばんうれしいでしょうか?
毎年同じものを贈ってくださるかたがいます。
たとえばお中元では必ず某社の水ようかんとか。
うれしいんだけど、正直言って「もう飽きちゃったな」ということはありませんか?
どうせならアイスクリームのほうがいいのに、などと言う子どもをたしなめつつも、心の中は同意していたり…

もしあなたが同じ経験をお持ちなら、自分が贈るときは頭をつかいましょうよ?
もちろん、毎年のように品をかえてみるのもいいです。
でも、それってすごく悩みませんか?
自分のために何か買うのも迷いますが、人に贈るものを選ぶのは余計に悩みます。
それでたいていの人が毎年決まったものに落ち着いてしまうのです。
そんな悩みを解消する簡単な手があります。カタログギフトです。
でもカタログギフトって、結婚式の引き出物やお葬式の香典返しなど冠婚葬祭向け、というイメージがありますよね。
大丈夫、そんな習慣はあなたが打破すればいいのです。
要は自分がもらう側だったらどう思うかです。もちろん、どんなものでも贈られればうれしいですが、カタログギフトだったらもっとうれしい、と思いませんか?
何しろ、カタログギフトには喜びがいっぱいなのです。
すなわち、最初にカタログを贈られたときの喜び、選ぶときの喜び、注文した品が届いたときの喜び。
通常でも喜び3倍なのですから、この手をつかわない法はありませんね。

そこでそのカタログギフト選びですが、ネットで検索してみましょう。
たとえば、「チョイスGift」というサイトがあります。
どれもすばらしいカタログばかりなのですが、ここは商品3500円以上は送料無料サービスですから、それを基準に、「お買い得カタログギフト」の中から税別定価4500円、25%割引後税込み3544円のものを選んでみました。
ちょっとネット上でカタログをパラパラとめくってみてください。
4500円が定価の品ばかりですから元からお得感はいっぱいだし、送料、ラッピング、のし、メッセージカードどれも無料になっています。
これなら贈られたかたも大満足ではないでしょうか?
もし、お中元・お歳暮どちらもカタログギフト、というのが不安でしたら、毎年どちらか一つだけにするのも手です。
どうせ贈るなら、喜びとお得がいっぱいなものを贈りましょう。これなら10年間まったく同じものでも全然構いませんよね。
もしかしたら、先方もお返しでカタログギフトを贈ってくれるかもしれませんし…

受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 伸芽会は幼児教室・幼児教育のパイオニアです。60年の歴史をもち、卒業生は15万人以上です。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 小学校受験の対策なら伝統と実績の伸芽会